最近の活動紹介

最近は活動や書く場所があちこちに散らばっていて、このウェブサイトを更新できていません。
もしも最新の活動にご興味をお持ちの方は、お手数ですが以下それぞれの活動をご覧いただけると嬉しいです。

東アジア文化都市2019豊島
舞台芸術部門の事業ディレクターを拝命し、総合ディレクターである宮城聰さん、事業ディレクターである多田淳之介さんらと共に、部門コンセプトやプログラム策定などを進めてきました。現在はおもに豊島区・雑司が谷のプロジェクトの準備中です。
なお、2018年秋より近藤良平さんが新たに事業ディレクターとして参画されました。

ペピン結構設計
じぶんの劇団です。高校の同級生を中心に結成し、1999年から活動しています。

◎NPO法人 場所と物語
http://bashomono.com/
建築、不動産、メディア、デザインなどさまざまな業界のメンバーが集まるNPOです。現在は主に、東京都およびアーツカウンシル東京との共催事業「東京ステイ」を中心に、都市の体験プログラムを実験・開発するプロジェクトを手がけています。

◎「The CAVE」
https://www.facebook.com/thecave.isezaki/
商店街の有休不動産活用とアーティスト支援を目的とした横浜・伊勢佐木町のオルタナティブスペース。2016年10月オープン。共同ディレクターおよび取締役として立ち上げと運営に携わっています。

TARL 思考と技術と対話の学校 東京プロジェクトスタディ
01「東京でつくる」ということ
2018年9月〜2019年3月までナビゲーターを務めています。“東京で何かを「つくる」としたら”という投げかけを受けて、5組のナビゲーターそれぞれが参加者と共にチームをつくり、リサーチや実験を繰り返しながらそのプロジェクトの核をつくる半年間のスタディ(勉強、調査、研究、試作)。
ナビゲーターメッセージ「屏風の虎をふんじばる」
「東京といつまで他人でいられるのか問題」

まちはだれのもの studio04 “まちを語る”
2018年12月、SHIBAURA HOUSEを拠点に、芝浦のまちを歩き、観察し、実験しながら「まちはだれのものなのか」という問いについて考えるワークショップ。5つのスタジオのうち1つを講師として担当させていただいています。

F/Tダイアローグ・ネクスト
2018年10-11月、フェスティバル/トーキョー18の一環として、学生たちが海外アーティストおよび学生同士との対話を重ねるプログラム。ファシリテーターとしてプログラミングと進行役を担当しました。

APAF アートキャンプ
2018年11月、東京芸術祭の一環として開催されたAPAF(アジア舞台芸術人材育成部門)2018にて、日本とアジアの若手作家が一週間ともに滞在しながらリサーチ・意見交換・プレゼンテーションを行うアートキャンプの「キャプテン」として、プログラミングとファシリテーションに携わりました。

鎌倉 海のアカデミア
2018年10月、ドラマトゥルクとしてコンセプトづくり・言語化に関わらせていただくと共に、海のアカデミアのメッセージを子どもたちに伝えるオリジナル紙芝居の台本を書かせていただきました(朗読:君嶋ルミ子さん、鶴田真由さん他)。

◎Sipat Lawin Ensemble『Gobyerno』滞在制作
2018年9-10月、フィリピンはマニラでの演劇祭「KARNABAL Festival」参加(2015-2017)から親交の続く劇団シパット・ラウウィン・アンサンブルが城崎国際アートセンターで滞在制作した『Gobyerno』の温泉街バージョン(!)に、リサーチおよびクリエーションサポートで携わりました。

ADAM Artist Lab(主催:Taipei Performing Arts Center)
2018年8月、台北で行われたTaipei Arts FestivalおよびADAM(Asia Discovers Asia Meeting for Contemporary Performance)の一環として行われた約2週間のアーティストキャンプ「Artist Lab」に参加。舞台芸術だけでなくパフォーマンスアート、ビジュアルアーツ、音楽などさまざまなジャンルの作家たちと意見交換やワークショップを重ねました。キャンプの最後には成果発表として、トルコ、台湾、フィリピンのアーティストとのコラボレーション作品『Ghost Nations』のプロトタイプを制作・発表しました。

◎上海でのプレゼンテーション
2018年6月、国際交流基金北京事務所にお招きいただき、上海の舞台芸術祭「新天地フェスティバル」やアーティストネットワーク「iPanda」にて、劇場外や公共空間で展開される演劇についてのトークやプレゼンテーションをさせていただきました。こちらにレポートを掲載しています。

舞鶴日記
2017年に招聘された京都府の「京都Re:search」および「大京都 in 舞鶴」のAIRプログラムで書いていたリサーチ日記です。滞在してつくること、アートがまちの暮らしに介入すること等について、現地でつくりながら感じたこと・考えたことがアーカイヴされています。
このリサーチを経て、京都府舞鶴市を舞台とした『青に会う2017.10-11』という演劇作品のプロトタイプを制作・上演しました。

メルボルンの話(1)ギブ・ミー・チョコレート!

メルボルンへ向かう途上、乗り換えのクアラルンプール空港で。この写真を見て、フィリピンのMariaは自分のおばあちゃんも「ギブ・ミー・チョコレート」を言ってたんだって、とコメントをくれた。

2月下旬から今日まで約10日間、今年新しく立ち上がったAsiaTOPAという舞台芸術祭に参加するため、メルボルンに滞在していた。

私が参加したのは2月22日~26日まで開催された『XO State』という、オペラシアターの舞台上で繰り広げられるナイトクラブイベント。マニラを拠点に活動する劇団Sipat Lawin Ensembleの作品「Serbisyo」(セルビショ=サービス)のメンバーとして、”Give Me Chocolate!”というパフォーマンスを上演した。 続きを読む メルボルンの話(1)ギブ・ミー・チョコレート!

今年もパラダイス仏生山をやります

『パラダイス仏生山2016』トレイラー撮影・編集:菅原康太、音楽:吉田能

2016年10月23日(日)

私はあまりキャパシティの大きい人間ではない。食べ物の好き嫌いは激しいし、ひとつの仕事にも時間がかかるし、付き合える人の数も限られている。体も小柄なほうだ。

続きを読む 今年もパラダイス仏生山をやります

7月の変化

2016年7月25日(月)

誕生日だが、前日に誕生日祝いとしてお伊勢参りを済ませていたので、すでに「祭りのあと」感が漂っていて、特別なこともなく仕事をしていた。

とはいえ今年はなんと干支も3周目である。節目でもあるので、近況を記録しておく。

続きを読む 7月の変化

フィリピン日記 20160614


2016年6月14日(火)

前の晩、夜更かししすぎたのか目覚ましが鳴ったのに気がつかなくて、Lourraineからのメール着信で目を覚ました。大慌てでシャワーとパッキングを済ませてホテル前でトライシクルを拾う。ホテルの人たちにもちゃんとお礼を言いたかったのに…。今度また行ったら、おみやげを持って行こう。いつものトライシクル乗り場を通り過ぎるとき、前に口喧嘩→仲直りしてからなかよしになったドライバーの兄ちゃんと目が合って、バイバイと手を振った。 続きを読む フィリピン日記 20160614

フィリピン日記 20160613

2016年6月13日(月)

フェスティバル翌日。夕方からはインタビューの撮影、夜にはお別れディナーの予定だったので、ランチは行き納めで、いろいろ思い出のあるLeonaに立ち寄る。最初の週にだいぶ落ち込んでた時とか、初めてのACAYワークショップの後とか。いつもよくしてくれたマスターにお礼を言って、また来年ねと話して別れた。 続きを読む フィリピン日記 20160613

フィリピン日記 20160612

2016年6月12日(日)

今日はKARNABAL最終日。
MagitingのJKの家に集まり、8・9日に『Tok! Tok! Talk!』のカンファレンスが押しまくって、登壇できなかったDavidとArcoのプレゼンを聞く。

13427862_632818246873052_6375746677101505414_n
( Image by KARNABAL FESTIVAL 2016)

続きを読む フィリピン日記 20160612

フィリピン日記 20160611

13497665_636434306511446_3357319449039288727_o( Photo by Brandon Relucio / KARNABAL FESTIVAL 2016)

2016年6月11日(土)

16時からThe Scenius Proによる『Hear, Here!』へ。耳の聞こえない人と耳の聞こえる人が一緒につくる参加型の作品。ファシリテーターも音はいっさい使わないし、参加者もいっさい喋ってはいけない。 続きを読む フィリピン日記 20160611

フィリピン日記 20160610

2016年6月10日(金)

この日も観たいものはいろいろあったのだが、日本のプロジェクトで急遽対応が必要なことがあり、夕方近くまでPC前を離れられなかった。平野さんたちが関わっているギャラリー『98B』にも行きたかったのだけどな…。

13495471_636434883178055_6845695054753961188_o
( Photo by Brandon Relucio / KARNABAL FESTIVAL 2016)

続きを読む フィリピン日記 20160610