フィリピン日記 20160505

IMG_0705

2016年5月5日(木)

昨晩、JKに「一晩考えさせて」と伝えてあったので、朝イチでまずは自分の考えと結論をまとめてメールした。また別の機会にAninoとコラボレーションできれば嬉しいが、それは今ではない、ということ。その場合、考えられる新しいコラボレーションの形やコンセプトについて。

その後は昨日に引き続き、「失恋」の痛手から立ち直るため午後2時くらいまでガリガリ仕事。一番暑い時間帯なので迷ったが、遅いランチをとりにMalingap通りへ。いまどきのお店が4、5軒並んでいるショッピングビルで、一番人が入ってそうなチキンの専門店に入ってみた。フィリピンの飲食店では同じ味付けでチキン、豚肉、牛肉、シーフード(魚やエビ)が選べることが多い。が、チキンは本当によく食べる。街中でも飼ってるし、安いのだろう。

今日は夜からKARNABALの運営ボランティアたちが集まるオリエンテーションとミーティングがあると聞いていたので、そのままJKの家へ向かう。すると、まさかの新展開が。私とのコラボレーションがなくなったという決定が共有されたところ、Aninoの他のメンバーからストップがかかったらしい。よくよく聞けば、ACAYとのコラボレーションは難しいが、私とのコラボレーションやKARNABALへの参加をしたくないわけじゃない…ということ。とはいえスケジュールの問題は依然として残っているし、劇団の中でもなかなか議論が決着しないらしい。な、なんか、一度はフラれた相手から留守電入ってた、みたいな気分。フクザツ、でも嬉しい。

ここで座組として、3つの選択肢が出てきた。

(1)石神+Aninoのうち1.5人+ACAY
(2)石神+Anino+ACAYに代わる別のコミュニティ
(3)石神+別のアーティスト+ACAY

まず、(1)は現実的に難しい、と判断した。マンパワーが足りなさすぎる。(2)なら、他のコミュニティを探す時間がもうないので、Anino自身をテーマにするのがいいだろうとJKと話し合った。だがこの時点では(3)が一番確実そうだったので、まずはJKたちにアートセラピストなど、別の候補者を当たってもらうことに。

こういう、もちゃもちゃしたアレコレは、クリエーションと切り離してとっとと先に進める方がいい、という考え方もあるだろう。でもこのプロジェクトでは「誰と、どうやってつくるか」が外せないし、まだ決断には機が熟していない、来るべき答えがやってきていない気がした(後日、JKも同じことを言っていた)。ワーク・イン・プログレスのコラボレーションで、義務感や帳尻合わせでつくることほど、時間の無駄はない。もしAninoの集団創作にとって大切なプロセスなら、できるだけ(最大であと1週間?)付き合いたいと思った。というわけで、「今晩中に連絡する」という答えを信じて、結論は先延ばしに。

IMG_0727

19時頃から始まっていたKARNABLのオリエンテーションに合流して、Sipatの活動紹介を聞く。改めて見てもかなり前衛的。昨年もKARNABALで一緒だった映像作家・Brandonに再会。彼はニューヨークから引っ越してきたフィリピン人。通訳を引き受けてくれたKeiくんも来ていた。以下、休憩時間にKeiくんにフィリピンのカトリックの死生観について聞いた短いインタビュー。

***

スペイン統治時代に浸透したカトリックは、フィリピンの先住民たちを「信じなければ(いうことを聞かなければ地獄に落ちる)」というやり口で支配するために使われた。死んだらもう生まれ変わることはないので、死ぬ瞬間に天国か地獄かが決まったら最後、それは永遠に続く。煉獄の概念もあって、死者が天国に行けるよう祈る習わしもある。Keiくんのおばさんはもう20年以上も親が天国に行けるよう祈り続けているらしい。

カルマ、つまり因果応報の考え方が強いので、「死ぬ前にいいことをして悪いことを帳消しにするため長生きしたい」という考え方も根強い。テレビドラマなんかで、死ぬ直前に「もっと長生きしたかった(このままでは地獄に行ってしまうので、生きているうちにいいことをしたかった)」と泣く、みたいなシーンも結構あるらしい。

ただ、Keiくん自身はプロテスタントなので、そういう考え方ではない。プロテスタントではどうなの?と訊くと「神を信じます、と言えば天国に行ける」という。「南無阿弥陀仏」みたいだ。人々の暮らしを簡便にする、それが発明なのだ。

***

もろに宗教観に突っ込んでいきたいわけではないのだけど、たぶんこのあたりをもう少しリサーチしてから、戻ってこないといけないのだろう。実はACAYも、修道女が運営するカトリックの組織なのだ。でも結局は個人的な話で、「フィリピン社会では云々」なんて私には語れない。だから「誰とやるか」が決まらないと、なかなか先に進めない。

夕食にバターチキンを食べたあと、Keiくんから、私が大学で何を専攻して、今はどんな仕事をしているか訊かれ、説明する。日本でもなかなか伝わりにくいが、KARNABAL界隈だと皆やっていることが近いせいか、すんなり伝わる。Keiくんに、将来はどんな仕事をしたいの?と尋ね返すと、「こういう(KARNABALとか、私とかがやってるような)仕事」という答えだった。

自分がKARNABALにつながったのは偶然だったし、場違いとは言わないまでも「私でいいんですかね」感があったけど(少なくともフィリピンという国に来ることはそれまで一度も考えたことはなかった)、それを聞いて初めて「あ、よかったんだ」と思った。
(改めて、紹介してくれたちからさん、ありがとう)

ホテルに帰ってからも、バターチキンの後にJKが淹れてくれた濃いコーヒーが効いて眠れず、昔読んだミステリー小説を3時まで読んでようやく眠った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です